女性作家の力作相次ぐ 回顧2019 小説
生きにくさの出口求めて 文芸評論家 清水良典

読書
2019/12/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

平成から令和へ、崩御という悲劇のないままの皇位継承は、祝賀ムードの中であっさりと時代の看板をかけ替えた。「平成最後」を盛んに謳(うた)った昨年に比べると、新時代への改まった気負いは薄く、世を覆う混迷や矛盾、不安や不満は出口の見えぬままである。その中でSNSが世界を変える影響力を持ちつつある。とりわけ如実に高まったのは「#MeToo」に代表される女性の声だろう。小説でも女性の力作が印象に残る一年だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]