熱視線

フォローする

義足で出した「自己ベスト」 パラ陸上・井谷俊介(上)

2019/12/29 3:00
保存
共有
印刷
その他

11月、ドバイ(アラブ首長国連邦)で開催された世界パラ陸上。井谷俊介は100メートルと200メートル(いずれもT64)で決勝に残った。結果は8位と7位だったが「今のベストは出せたし、本当に楽しかった。人生のなかで一番と思えるくらい」。本格的に競技に没入してからまだ2年弱という24歳。パラ陸上短距離界でまばゆい輝きを放つ新星の伸びしろは無限大だ。

大学2年の時に交通事故に遭い、右脚の膝から下を切断…

熱視線をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

熱視線 一覧

フォローする
「一本を取れる柔道家」として期待を集める

 阿部一二三と丸山城志郎のマッチレースが佳境を迎えた東京五輪柔道の代表争い。視覚障害者柔道でも東京パラリンピックの切符を巡り、同じ男子66キロ級での一騎打ちが熱を帯びている。主役の一人は1996年アト …続き (2/9)

第34回全日本視覚障害者柔道大会男子66kg級で優勝した瀬戸(上) 

 瀬戸勇次郎が兄の影響で柔道を始めたのは4歳。弱視で視力は左右0.1未満、色覚障害もあったが、健常者の子どもたちと稽古に励むごく普通の柔道少年だった。「通っていた少年団が厳しくて。楽しいけれど練習は嫌 …続き (2/9)

スパイクへのレシーブの反応は抜群。2季前のVリーグではMVPのほかレシーブ賞に輝いた

 勝負の年が明けたスポーツ界の中でも、女子バレーボールの東京五輪シフトは際立っている。昨季は4月中旬まで行われていたVリーグが今季は1月末で終了。シーズンを大幅に短縮したのは、その後の日本代表の長期合 …続き (1/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]