スペシャル

フォローする

英語操るスポーツ人育成 学科長に元ラグビー代表通訳

2019/12/24 3:00
保存
共有
印刷
その他

理学療法士やスポーツトレーナーを目指す人が通う履正社医療スポーツ専門学校(大阪市)が2020年4月、「スポーツ外国語学科」を新設する。スポーツ界で外国出身の選手や指導者が増え、英語が話せる日本人スタッフの需要が高まっていることから、国内では珍しい「スポーツに特化した英語を学べる」(同校)養成機関を設け、人材育成に乗り出す。

学科長には、15年と19年のラグビーワールドカップ(W杯)で躍進を遂げた…

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
ダンクシュートを決めるレーカーズのブライアント氏(09年2月)=APAP

 テレビ出演したシャキール・オニールは、26日に事故死したコービー・ブライアントの思い出を語り始めると、大粒の涙が頬をつたい始めたにもかかわらず、それを拭うことなく話を続けた。
 コービーをトレードで獲 …続き (2/3)

約2年半ぶりに日本代表に復帰した大崎

 女子バスケットボールで2016年リオデジャネイロ五輪に出場したセンター大崎(旧姓間宮)佑圭(29)が、出産を経て約2年半ぶりに日本代表に復帰した。18年末の長女誕生に合わせて事実上引退し、今季はWリ …続き (2/3)

今年の箱根駅伝では、ナイキ製の厚底シューズを履いたランナーが目立った=共同
共同

 陸上の長距離界を席巻し、好記録を後押ししているナイキの「厚底シューズ」を巡る動きが慌ただしい。世界陸連の新規則によって禁止される可能性があることを、複数の英メディアが報道。選手らに波紋が広がっている …続き (1/18)

ハイライト・スポーツ

[PR]