/

この記事は会員限定です

iPS創薬、事業段階へ 来年には規制緩和

[有料会員限定]

希少疾患などの患者由来のiPS細胞を創薬に役立てる「iPS創薬」が研究から事業の段階に移ろうとしている。規制で利用が研究目的に限られていたが、特区制度を活用して事業化を目指す企業が出てきた。

京都大学発スタートアップの幹細胞&デバイス研究所(SCAD、京都市)は9日、京都府立医科大学と共同で、神経が傷む難病「シャルコー・マリー・トゥース病」の患者から採血した。これをもとにiPS細胞を作り、神経細胞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン