私こそ「母が生きた証し」 1.17生まれの娘にバトン
阪神大震災25年 未来への記憶(1)

2019/12/23 12:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

6434人が犠牲になった阪神大震災は2020年1月17日で発生から25年を迎える。悲しみに終わりはなく、それぞれの思いを胸に「あの日」から歩んできた。平成から令和へと時代が変わる中、記憶を次世代につなごうとする姿を追った。

「一緒に遊ぼう」。神戸市東灘区に暮らす永尾奈津紀さん(31)は、娘の美月ちゃん(1)に呼びかける。おぼつかない足取りで駆け寄るまな娘を抱きしめ、ほおを寄せた。美月ちゃんが生ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]