「貨幣が基礎、倫理と公共性必要」岩井克人氏

逆境の資本主義
2019/12/28 2:00
保存
共有
印刷
その他

所得格差の拡大など、資本主義のもとで生まれている問題に批判の声が高まっている。この危機にどう向き合うべきか。理論研究の第一人者である国際基督教大学の岩井克人特別招聘教授は、自由放任で株主主権的な資本主義は理論的に誤りで、公共性と倫理の必要性を確認しなければならないと強調する。

 岩井克人氏(いわい・かつひと) 1969年東京大学経済学部卒。72年米マサチューセッツ工科大学経済学博士。東大教授などを…
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]