文化財防火で5カ年計画 世界遺産・国宝の対策強化 首里城受け設備充実へ

2019/12/23 10:53
保存
共有
印刷
その他

文化庁は23日、世界遺産や国宝などの文化財建造物の防火対策強化に向けた「5カ年計画」を策定、公表した。世界遺産のパリ・ノートルダム寺院や首里城(那覇市)の火災を受けた対応。スプリンクラーや消火栓の設置、古い消火設備の交換などを集中的に進め、貴重な文化財の保護や観光客らの安全確保を急ぐ。

計画は2020年度から5年間で、世界遺産と国宝を重点対象とする。ハード面では(1)スプリンクラーなどの初期消火…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]