/

ヤフーのデータ事業、開始50日で100社が導入

Zホールディングス傘下のヤフーは匿名の統計データを製品やサービス開発に提供する新規事業で、導入企業が100社以上になったと発表した。10月末に開始してから約50日で、2020年3月までの目標に達した。メディア、ネット通販、フィンテックに続く「第4の柱」に位置づけており、小売業やメーカーなどと組むビッグデータ事業を広げる。

ヤフーは月間の会員利用者数が5000万人規模の検索サービスなどで集まったビッグデータを提供している。自動車、食品、日用品、アパレル、金融業界のほか、自治体や大学などで導入が始まったという。利用者の潜在ニーズや需要予測などを生かし、商品開発や交通の効率化、まちづくりに役立たせる狙いだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン