フィギュア

「心身バラバラ」羽生、まさかの2位 全日本フィギュア

2019/12/22 23:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

美しく勝負強い、いつもの羽生はいなかった。ジャンプが乱れたり、転倒したりすること5度。滑り終えると顔をしかめた。国内大会の表彰台で他を仰ぎ見たのは8年ぶり。「いやー、弱いな」と苦笑いする。

「調整がずっとうまくいかなかった。自分の体が日に日に劣化していく感じだった」。2週間前、今季の大願だったグランプリファイナルで王座をつかみ損ない、「思ったより消耗が激しかった」。失望が大きいあまり不調に陥った…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

フィギュアスケートのコラム

電子版トップスポーツトップ

フィギュア 一覧

 米NBCスポーツ(電子版)は13日、国際スケート連盟が6月にタイで開催する総会で、フィギュアスケートの技術面と芸術面のバランスを見直すルール改正を提案すると報じた。ビアンケッティ技術委員長によると、 …続き (14日 20:54)

 フィギュアスケートのババリアン・オープンは9日、ドイツのオーベルストドルフで行われ、男子ショートプログラム(SP)で首位発進したジュニア・グランプリ(GP)ファイナル王者の16歳、佐藤駿(埼玉栄高) …続き (10日 12:43)

男子で初優勝を果たした羽生結弦のフリー(9日、ソウル)=共同

 【ソウル=共同】フィギュアスケートの四大陸選手権最終日は9日、ソウルで行われ、男子は羽生結弦(ANA)が7日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の187.60点をマークし、合計299.4 …続き (9日 16:37)

ハイライト・スポーツ

[PR]