野党合流への賛否は拮抗 日経世論調査

2019/12/22 22:00
保存
共有
印刷
その他

日本経済新聞社の世論調査で、立憲民主党や国民民主党など旧民進党から分裂した野党勢力が合流すべきかどうかを聞いたところ、賛否が拮抗した。「野党は合流すべきだ」と「野党は各党が独自の活動をすべきだ」と答えた人が共に42%だった。

立民と国民民主の支持層では「合流すべきだ」と答えた人は8割にのぼった。特定の支持層を持たない無党派層でも43%が「合流すべきだ」と答え、「各党が独自の活動をすべきだ」の31%を上回った。

一方、内閣支持層では「各党が独自の活動をすべきだ」が57%で「合流すべきだ」の31%を大きく上回った。自民党支持層でもそれぞれほぼ同じ水準だった。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]