/

野党合流への賛否は拮抗 日経世論調査

日本経済新聞社の世論調査で、立憲民主党や国民民主党など旧民進党から分裂した野党勢力が合流すべきかどうかを聞いたところ、賛否が拮抗した。「野党は合流すべきだ」と「野党は各党が独自の活動をすべきだ」と答えた人が共に42%だった。

立民と国民民主の支持層では「合流すべきだ」と答えた人は8割にのぼった。特定の支持層を持たない無党派層でも43%が「合流すべきだ」と答え、「各党が独自の活動をすべきだ」の31%を上回った。

一方、内閣支持層では「各党が独自の活動をすべきだ」が57%で「合流すべきだ」の31%を大きく上回った。自民党支持層でもそれぞれほぼ同じ水準だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン