/

この記事は会員限定です

天皇と上皇、「権威の二重化」生じておらず

[有料会員限定]

皇位継承から8カ月弱。当初、天皇と上皇の「権威の二重化」を懸念する声もあったが、これまではそのような状況は生じていない。代替わり儀式が続き、天皇、皇后両陛下に注目が集まっていることもあり、予想以上に平成は後景に退いている印象さえ受ける。

ところが、一部週刊誌には二重権威を指摘する報道が見られる。「祝賀パレードは上皇后さまのお気持ちで延期された」などの"干渉事例"を挙げている。宮内庁は全否定し、報道...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り289文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン