ヒグマ捕殺最多の827頭 北海道で18年度、対応苦慮

2019/12/22 16:53
保存
共有
印刷
その他

人里に出没するなどして北海道で2018年度に捕殺されたヒグマが環境省の統計で827頭に上り、これまで最も多かった17年度の774頭を上回って史上最多となった。捕殺には批判があるが、19年度も10月末現在で539頭に達しており、家畜が襲われる被害が目立つ。住民が襲われる恐れもあるため道は対応に苦慮している。

 札幌市南区の住宅地に現れたヒグマ(8月)=北海道警提供・共同

北海道標茶町では7月以降に牛の被害が相次ぎ、27頭が襲われ、うち12頭が死んだ。道は1966年度からクマを減らすため、冬眠から目覚める時期に集中的な駆除を実施してきたが、絶滅の恐れがあるとして90年に廃止。道によると2012年度の生息数は1990年度比1.8倍に増加した。

ヒグマによる被害を懸念する声がある一方、捕殺には強い批判も。8月、札幌市の住宅地に連日出没したヒグマを射殺後、市には道内外から約600件の意見が寄せられた。道にも苦情が寄せられ、職員は丸2日間対応に追われた。担当者は「電気柵の設置を推奨するなど対策をしているが、人里に出てきた場合は、やはり駆除しなくてはならない」と嘆く。

年間数百頭のヒグマが捕殺される北海道では、生け捕りにしても受け入れられる施設はない。

ヒグマを飼育する「のぼりべつクマ牧場」(登別市)の坂本秀行飼育係長は「野生のクマは飼育環境にはなじまない。クマは知らない個体を排除しようとする習性があり、(保護した野生のクマが)群れに殺されてしまう恐れもある」と指摘。現状では、捕殺する以外に方法がないとの見方を示している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]