台湾、高雄市長の罷免求めデモ 次期総統選の野党候補

2019/12/22 16:24
保存
共有
印刷
その他

【台北=伊原健作】2020年1月に迫る台湾の総統選を巡り、南部の高雄市内で21日、韓国瑜(ハン・グオユー)市長の罷免を求めるデモが起きた。韓氏は20年の総統選で、対中融和路線の最大野党・国民党の候補。今回のデモは与党の支持団体が呼びかけたもので、韓氏側も対抗して市内で大規模デモを実施した。総統選が近づくにつれ、緊張感が高まっている。

韓・高雄市長の罷免を求めるデモ参加者は、香港民主派が使う「光復香港」をもじって「光復高雄」との標語を掲げた(21日、高雄市内)

21日には国民党・韓氏を支援するデモも開かれた(高雄市内)

罷免を求めるデモは民進党に近い市民団体などが呼びかけ、主催者発表では「50万人」規模が参加した。参加者は香港民主派が掲げる「光復香港」をモデルに「光復高雄」(高雄を取り戻せ)との標語を掲げ、「無能市長を罷免しろ」などと声を上げた。

主催団体は既に市長職の罷免投票の実施に必要な22万人超の署名を集め、近く手続きを開始する構えだ。ただ今回のデモは時間のかかる罷免の成否より、間近に迫った総統選で韓氏を落選させる狙いが色濃い。デモに参加した市内の会社員男性(24)は韓氏は「中国に近過ぎる」と指摘し、「台湾を守る総統選で勝たせるわけにいかない」と話した。

韓氏は昨年秋の統一地方選で高雄市長選に当選した。「韓流」と呼ばれるブームが全土に広がり国民党の大勝をもたらし、与党・民主進歩党(民進党)の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統を党主席からの引責辞任に追い込んだ。

ただ、今回の総統選出馬のため就任から1年もたたない10月から市長を休職している。庶民派を自認する一方で高級マンション投資などのスキャンダルも絶えず、市民から批判が出ていた。

ただ、韓氏側も21日、対抗して大規模なデモ行進を実施し、主催者発表で「35万人」規模が集まった。副総統候補の張善政氏が集会で「罷免しなければならないのは、人々を苦しめている蔡総統の方だ」と声を上げると、支持者から「そうだ!」との怒声が響いた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]