上皇さま86歳に ハゼ研究の論文準備など

2019/12/23 0:00
保存
共有
印刷
その他

上皇さまは23日、86歳の誕生日を迎えられた。代替わりに伴い、新たな立場となって初めての誕生日。宮内庁によると、退位後も体調に特に変わりはなく、ハゼ科魚類の研究に加え、上皇后さまと日課の散策や読書などをして過ごされている。

散策中、皇居内で咲いたアカバナソバの花を見る上皇ご夫妻(10月30日、皇居・半蔵門内)=宮内庁提供

散策中、皇居内で咲いたアカバナソバの花を見る上皇ご夫妻(10月30日、皇居・半蔵門内)=宮内庁提供

上皇さまは4月末の退位後、一連の即位関連行事が滞りなく終わったことに安堵する一方、台風など相次ぐ災害では、被災者を案じて心を痛められているという。

公務から退き、時折、音楽コンサートなどで公の場に姿を見せるほかは、上皇后さまと住まいの皇居・吹上仙洞御所で静かに過ごされる日々が続く。現在は仙洞仮御所(東京・港)への引っ越しの準備に加え、「オキナワハゼ属」に関する新たな論文作成を目指して研究をされている。平成初期からという、朝食後に1冊の本を上皇后さまと交互に音読する習慣も続けられている。

23日は祝賀行事が催される。皇居での一般参賀は実施せず、大半の行事は宮殿ではなく、吹上仙洞御所で行われる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]