勝負はこれから

フォローする

盗塁が持つドラマ性 「私、失敗しないので」の極意
編集委員 篠山正幸

2019/12/23 3:00
保存
共有
印刷
その他

私、失敗しないので……。プロ野球6球団の争奪戦の末、ソフトバンクからロッテへの移籍が決まった福田秀平(30)に「ここ一番」での盗塁の秘訣を尋ねたときの答えは、人気ドラマの天才外科医の決めぜりふを連想させた。失敗が許されない、極限の場面で力を発揮するためのヒントがそこにありそうだ。

足の速さだけでなく、打撃でもパンチ力を秘めた福田が、プロ入り以来13年間、規定打席に達することなく、控えに甘んじてきた。ソフトバンクの選手層の厚さを示すもので、レギュラーシーズンの通算盗塁数も79個と、決して多くはない。

だが、問題は数ではない。絶対に失敗できない場面で決めてみせるドラマ性が、走り屋としての声価を確固たるものにした。

福田はパンチ力を秘めた打撃だけでなく、走り屋としての声価も高い=共同

福田はパンチ力を秘めた打撃だけでなく、走り屋としての声価も高い=共同

ファンをしびれさせたドラマの一つが、2016年、日本ハムとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦での盗塁だった。

1点を追う九回。1死から代打で出た福田は左足への死球で出塁した。ベンチ裏で手当てを受けて、再び塁上に戻ってくると、すかさず二盗。投手、クリス・マーティンのモーションを盗んで、難なく陥れた。

その後、四球で出塁した中村晃とともにスタートを切り、重盗を決めた。福田のイニング2盗塁を生かしたソフトバンクは土壇場で逆転勝ち。最終的には日本ハムに敗退したが、逆転弾や超ファインプレーなどと同じく、「足」が野球というドラマの最高の見せ場となりうることを示した。

スリリングな感じでいうと、今年、国際大会「プレミア12」のオーストラリア戦で二盗、三盗を決めて優勝に貢献した周東佑京(ソフトバンク)、やや歴史を遡ったところでいえば、08年の日本シリーズ第7戦で二盗を決め、逆転での日本一をもたらした西武・片岡易之(のちに治大)の走りに共通するものがあった。

「そういうところで生きてきたんで」

ああいう場面でなぜ、スタートが切れるのか。失敗は怖くないのか。

福田は言った。「そういうところで生きてきたんで。失敗が許されない場面は何回もあったが、アウトになる、と思って走っていないんで。自分に自信をもってプレーできていたのかな」。そう、まさに「私、失敗しないので」なのだ。

「そういうところで生きてきた」には、他球団ならレギュラーで出続けられるのに、といわれながら、黙々とその場、その場の役目をこなしてきた人の意地が詰まっていた。

もちろん、実際には失敗がないわけではない。「相手もプロだから、失敗することもあるが、そのたびに自分で何度も見つめ直して、次は成功するという気持ちを常に持ち続けてきた」という。

勝負ごとにおいては失敗というマイナスイメージをいかに排除して臨めるかが、一つのカギになるのは確かなようだ。

福田の「失敗しないので」は苦い経験も含めた、これまでの蓄積が生んだ境地であって、根も葉もない自信は大けがを招くだけだろうが……。

楽しみな「甲斐キャノン」との対戦

仕掛けることによって、相手にみすみすアウトを与えかねない盗塁は当然ながら、リスクも伴う。メジャーでは、そのリスクの大きさに注目し「アウトにならない野球」を追求した名ゼネラルマネジャー、ビリー・ビーン氏の理論が一世を風靡した。送りバントを含めた戦術の見直しを迫る理論で、以来、多少の波はあるものの、メジャーでは盗塁の重要性は下がってきているようだ。

だが、そのスリルを放棄したとき、野球の魅力が一つ、消えることになりかねない。日本には世界とは違う野球の形があってもいいのではないか。

「敵が網を張って待ち構えているところへ、こちらから飛び込んでいくわけでしょ、盗塁っていうのは。そりゃ、失敗だってしますよ。最も大切なのは、そのプレッシャーを跳ね返すだけの勇気かなあ」(福本豊著「走らんかい!」)

阪急(現オリックス)で活躍、13年連続盗塁王、通算1065個の記録を持つ福本さんの言葉に、盗塁の面白さのすべてが詰まっている。

福田(左)のロッテ入団会見。新天地でも足の魅力を発信し続けてほしい=共同

福田(左)のロッテ入団会見。新天地でも足の魅力を発信し続けてほしい=共同

福田にはもっと出場機会を増やしてもらい、走る野球の伝統を受け継いでほしい。レギュラー格で出るようになった場合、注目されるのはむしろ、その打力かもしれないが、足の魅力も発信し続けてほしい。

敵方としてソフトバンクと対決する立場となった今、楽しみにしているのは「甲斐キャノン」の異名をとる強肩捕手、甲斐拓也との対戦だといい、それはパ・リーグの新たなショーになるだろう。ちなみに紅白戦での盗塁成功率は成功1、失敗1の五分だったそうだ。

勝負はこれからをMyニュースでまとめ読み
フォローする

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
ロッテの大型新人、佐々木朗=共同共同

 球春はいつ来るのか。新型コロナウイルスの影響で、プロ野球ファンにはじれったい日々が続くが、待たされた分だけ、いざ解禁となったときの喜びは倍加するかもしれない。そんな希望の光の一つが、ロッテのドラフト …続き (3/31)

鳥谷は入団までのブランクを克服してみせることが自らの使命という=共同共同

 「浪人」の身だったプロ野球前阪神、鳥谷敬(38)の落ち着き先が、やっと決まった。キャンプ不参加のハンディを克服できるのか。次世代のスター候補が控えるロッテの内野陣で、ベテランの力がどこまで必要とされ …続き (3/17)

佐々木朗ら、沢村賞を目標に掲げる新人も少なくない

 平成の初めの年(1989年)、プロ野球のセ・パ両リーグで38人いた規定投球回数到達投手は令和初年の昨季、15人となった。一般社会に先駆けて始まった投手の「働き方改革」は記録の扱いや表彰規定など、評価 …続き (3/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]