入試改革迷走 経営者ら、人材育成に危機感

大学
2019/12/22 2:00
保存
共有
印刷
その他

2020年度から始まる大学入学共通テストで、英語民間試験の活用に続き記述式問題の導入も見送りが決まった。二本柱が頓挫し、入試改革は迷走、停滞することになった。グローバルな競争の中にある企業の経営者らは、新しい時代に対応できる人材の育成を求め、日本の教育の現状に危機感を示している。

◇方向性は正しい

共通テストでは、記述式問題によって表現力・思考力を問い、英語の民間試験の活用で「話す」「書く」力を…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]