/

この記事は会員限定です

NISAやイデコ 税制改正で変わる資産形成、プロが評価

[有料会員限定]

政府は先週、2020年度の税制改正大綱をまとめた。10月の消費増税後の取りまとめとあって増税項目を抑え景気減速に備える内容が目立つが、長寿を見据えた家計の資産づくり支援の拡充策も多く盛り込まれた。

今年は「老後資金2000万円」問題を機に、個人の資産形成への関心が例年以上に高まった。日経ヴェリタスは資産形成の柱となる3つの施策を中心に、評価や課題を金融市場や資産形成のプロに聞いた。

未成年者対象は恩恵に空白期間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1578文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン