/

トランプ氏、宇宙軍発足を宣言 米国防権限法が成立

【ワシントン=永沢毅】米国の2020会計年度(19年10月~20年9月)の国防予算の大枠を定めた国防権限法が20日、トランプ大統領の署名を経て成立した。予算総額は前年度比2.9%増の7380億ドル(約80兆円)。同法成立を受け、トランプ氏は陸海空軍などと同格となる6番目の独立軍としての「宇宙軍」の発足を宣言した。

同法は前年に続き軍事的に台頭する中国への対抗に力を入れている。同国も重視している宇宙分野を巡って宇宙軍の創設を承認。中国への情報漏洩を防ぐため、中国製のドローンの購入や中国の国有企業からの鉄道・バス車両の調達を禁じた。

中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する米政府の制裁を解除しにくくする条項も盛り込んだ。人工知能(AI)や次世代通信規格「5G」の研究開発の強化も打ち出した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン