東京ムーブメント

フォローする

元気な姿見せたい 尼崎脱線の負傷者、聖火ランナーに
アーチェリーで活躍の岡崎さん

2019/12/21 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

事故を乗り越えた元気な姿を見てほしい――。14年前にJR福知山線脱線事故で車いす生活となった岡崎愛子さん(33)が2020年東京五輪の聖火ランナーに選ばれた。下半身にまひが残り、一時は生きる希望を失ったが、家族の支援を受けながらアーチェリーに打ち込み、世界の舞台で活躍するまでになった。(高橋彩)

大阪府池田市出身の岡崎さんは事故後に就職で上京。19年11月にシステム会社、ベリサーブ(東京)と選手…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
新型「ヤリス」のラインオフ式後、記者の質問に答えるトヨタ自動車の豊田社長(左)と岩手県の達増知事(27日、岩手県金ケ崎町のトヨタ自動車東日本岩手工場)

 トヨタ自動車の豊田章男社長は27日、東京五輪・パラリンピックの延期を受けて「(延期の)判断に至ったことはありがたく敬意を表したい。トップ(最高位)スポンサーの一員として全面的に支援していきたい」と話 …続き (3/27)

研修を受ける東京五輪・パラリンピックのボランティア(2019年10月、東京都渋谷区)

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は27日までに、約8万人の大会ボランティアについて、延期後の大会でも全員を継続して採用することを決め、ボランティア専用ページに正式に通知した。「活動で …続き (3/27)

世界選手権男子400メートル個人メドレー予選で力泳する瀬戸(2019年7月28日、韓国・光州)=共同共同

 1年程度の延期となった東京五輪の代表選考会を兼ねて、4月2日に開幕するはずだった競泳の日本選手権が25日、中止に追い込まれた。同日夜、一度は発表された大会の開催が2時間後にはキャンセルに。背景には小 …続き (3/27)

ハイライト・スポーツ

[PR]