ボーイングの新型宇宙船、実験失敗 軌道外れる

2019/12/21 1:07
保存
共有
印刷
その他

スターライナーは21日にISSに接続し、28日に地球に帰還する予定だった=Florida Today・AP

スターライナーは21日にISSに接続し、28日に地球に帰還する予定だった=Florida Today・AP

【ニューヨーク=中山修志】米航空宇宙局(NASA)は20日、同日打ち上げ実験を行った米ボーイング製の宇宙船「スターライナー」が軌道を外れ、国際宇宙ステーション(ISS)への接続ができなくなったと発表した。ミッションの経過時間を管理するシステムの不具合によって宇宙船のエンジン点火のタイミングが遅れたという。自国の有人宇宙船の復活をめざす米国にとって手痛い失敗となる。

NASAのブライデンスタイン長官が同日の記者会見で打ち上げ実験の失敗を発表。今回の実験は無人で行っており、「飛行士が乗っていれば避けられた問題だ」とも述べた。

スターライナーは21日にISSに接続し、28日に地球に帰還する予定だった。NASAとボーイングはトラブルの詳細を分析中だが、2020年に予定していた有人飛行のスケジュールは大幅に遅れる可能性がある。

米国は11年のスペースシャトルの退役後、ISSへの飛行士の輸送をロシアの宇宙船に頼ってきた。NASAは新型機の開発をボーイングと宇宙ベンチャーのスペースXに委託。スペースXの「クルードラゴン」は今年3月に無人飛行に成功したが、4月の地上試験中に爆発事故が発生し開発スケジュールが遅れている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]