/

この記事は会員限定です

羽生、納得の首位発進 「調子以上のもの出せた」

[有料会員限定]

約2週間前のグランプリ(GP)ファイナルでは宿敵、ネーサン・チェン(米国)に40点以上の差をつけられて2位。羽生は「割とへこんでいて。気持ちの消耗も激しかった」と振り返る。海外で調整する中、もらったメッセージを読んで「(自分)一人のスケートじゃない」と全日本選手権の舞台へ心をつなげたのだという。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り446文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン