シェアビジネス、進む優勝劣敗 メルカリ「自転車」撤退
参入相次ぎ競争激化

2019/12/20 22:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

モノや空間を共有して効率的に利用するシェアリングエコノミーが日本でも広がってきた。20日に上場した新興企業、スペースマーケットの初値は公開価格の約2倍となった。シェアエコノミーの規模は10年で5倍以上になるとの試算もある。参入が相次いだ結果、収益確保は難しいとみて撤退する動きもあり、市場拡大初期ながら早くも明暗が分かれてきた。

「自律的な成長フェーズに」

スペースマーケットは空きスペースの時間貸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]