/

この記事は会員限定です

「4勝146敗」の認知症治療、エーザイ新薬に期待

[有料会員限定]

米バイオジェンとエーザイが開発したアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」に世界の注目が集まっている。臨床試験(治験)の結果が、世界で初めて認知機能の低下を抑制する効果を示したからだ。アルツハイマー病が世界で最初に報告されてから113年。ようやく病気の克服に向けた光が見えてきた。

研究成果、世界を驚かす

今月5日、米サンディエゴで開かれた国際学会「アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD)」で発表されたアデュカヌマブの治験結果に世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2424文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン