光岡自動車の三輪EV 東京都が災害時対応で採用

2019/12/20 20:00
保存
共有
印刷
その他

Like-T3の最高時速は約50キロメートルになる

Like-T3の最高時速は約50キロメートルになる

光岡自動車(富山市)は20日、三輪の2人乗り電気自動車(EV)「Like-T3(ライク・ティースリー)」が東京都に採用されたと発表した。最大100キログラムの積載量を生かして災害時に使う消防車などのベース車として活用する。Like-T3は既に日本郵便や佐川急便でも小口配達分野で使われている。

航続距離は約60キロメートルで、約6時間で充電できる。東京都は災害時の初期対応の迅速化に向け機動性と環境性能に優れた三輪EVの活用を表明していたという。同社は「三輪車ながら安定性を高めてあり、最高時速も約50キロメートルに達する性能が役立つ」と説明する。

2020年1月6日の東京消防出初式で東京都向けに改良を施した車両を公開する予定だ。今後も物資運搬など幅広い需要を開拓していきたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]