日本郵政に処分情報漏洩 総務次官が事実上の更迭

2019/12/20 23:37
保存
共有
印刷
その他

高市早苗総務相は20日、総務省内で記者会見し、同日付で鈴木茂樹事務次官が辞職し、黒田武一郎総務審議官を後任にあてる人事を発表した。かんぽ生命保険の不適切販売問題をめぐる日本郵政グループへの行政処分の検討状況について、日本郵政側に漏洩したという。

20日付で停職3カ月の懲戒処分とし、鈴木氏は同日付で辞職した。事実上の更迭となる。高市氏は自らの給与3カ月分を自主返納する考えも明らかにした。後任の総務審議官には谷脇康彦総合通信基盤局長を充てる。

高市氏は「検討過程の情報が日本郵政側にかなり細かく伝わっていたことは、公平性・中立性に甚大な影響を及ぼし、行政の信頼を失うものだ」と述べた。

総務次官を辞任した鈴木茂樹氏(左)と、次官OBの日本郵政・鈴木康雄上級副社長=共同

総務次官を辞任した鈴木茂樹氏(左)と、次官OBの日本郵政・鈴木康雄上級副社長=共同

行政処分案の検討状況に関する情報を伝えていた日本郵政の相手について、次官OBの鈴木康雄上級副社長だったと明らかにした。数回にわたって鈴木副社長に省内の少数の幹部しか知らない情報を漏らした。高市氏は「旧郵政省採用の先輩と後輩の関係の中で情報提供してしまったのだろう」と語った。

鈴木副社長は1973年に旧郵政省に入省し、2009年に総務次官に就いた。13年から郵政の副社長を務め、郵政での影響力は高い。鈴木前次官は1981年に旧郵政省(現総務省)に入省し、国際担当や郵政・通信担当の総務審議官を経て、今年7月に次官に就任した。

日本郵政は「会見については現在事実関係を確認中であり、コメントは差し控える」とした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]