いじめで同級生に賠償命令 佐賀、市の責任は認めず

2019/12/20 19:07
保存
共有
印刷
その他

佐賀県鳥栖市立中学で2012年、当時1年の佐藤和威さん(20)がいじめを受け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)になったとして、同級生と市に損害賠償を求めた訴訟の判決で、佐賀地裁は20日、同級生8人に計約400万円の支払いを命じた。市への請求は棄却した。

達野ゆき裁判長は、同級生にエアガンで撃たれたり刃物を向けられたりしたことが原因でPTSDを発症したと認定。総額約30万円に上る恐喝があったこと…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]