/

JXTG、再エネ大手に9.5%出資 発電ノウハウ蓄積

国内石油元売り最大手のJXTGエネルギーは20日、再生可能エネルギー発電大手のリニューアブル・ジャパン(東京・港)と資本業務提携したと発表した。発電所の設計から開発、運営までを一貫して手掛ける同社との連携を通じ、ノウハウを蓄積して再生エネ事業の基盤を強化する。

JXTGは再生エネ発電事業を強化している(秋田市の太陽光発電所)

JXTGは同日、リニューアブル・ジャパンの第三者割当増資を引き受けた。出資比率は9.5%。同社は太陽光発電などで建設中の案件も含め、計60万キロワットの開発実績を持つ。今後はプロジェクトを共同開発するほか、JXTGから従業員を派遣するなどして連携する。

JXTGは4月に「再生可能エネルギー事業部」を新設。台湾の洋上風力発電事業への参画を公表するなど、再生エネ事業を強化している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン