/

リース、ランサーズと提携 フリーランスに与信

リースの賃貸向け与信サービス「smeta」

フリーランス向けに不動産賃貸の与信サービスを提供するリース(東京・港)はクラウドソーシング大手のランサーズと提携した。ランサーズのフリーランス支援に同社のサービスを追加し、賃貸住宅を借りる際に与信や家賃保証を受けられるようにする。

企業に所属しないフリーランスは、たとえ十分な収入や貯金があっても家賃債務保証会社の審査に落ち、賃貸住宅を借りることができないことも多いとされる。リースが4月に提供を始めた「smeta(スメタ)」はフリーランスに対して収入証明などを基に「借りられる家賃額の上限」を提示する。その範囲内であれば確実に借りられる与信を提供する仕組みだ。10月からは「smeta保証」を始め、同社自身が家賃債務保証もできるようになった。

リースは多くのフリーランスが利用しているランサーズと組むことで利用者層の拡大を期待する。ランサーズは「フリーランスベーシックス」の名称で教育や金融など様々な支援メニューを用意している。不動産賃貸の与信サービスを加え、フリーランスが安心して仕事ができる環境の整備を進める。

(佐藤史佳)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン