日本こそソーシャル株式市場を 課題大国インドは先行
本社コメンテーター 梶原誠

梶原 誠
Deep Insight
本社コメンテーター
2019/12/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「課題先進国」と言われる日本。だが社会問題を解決するために、市場の力を活用していないのではないか。

インドの株式市場で、ある銘柄が脚光を浴びている。ナラヤナ・ヘルス病院グループだ。10月以降、株価指数SENSEXの上昇率が1割に満たないのを尻目に同社株は4割近く上昇した。「投資マネーは同社の安全性に賭けた」とは地元紙の解説だ。

同社はインドを代表する「ソーシャルビジネス」、つまり社会貢献を通じて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

梶原 誠

本社コメンテーター

グローバル市場

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]