神奈川県、豚コレラのワクチン接種開始

2019/12/20 19:07
保存
共有
印刷
その他

神奈川県は20日、豚コレラ(CSF)のワクチン接種を始めると発表した。同日に国からワクチン接種推奨地域に指定されたことを受け、実施できるようになった。県内では豚コレラの発生は確認されていないが、隣接する山梨県や静岡県などでは感染が確認されており、ワクチン接種を通じて予防する。

県内の農場や研究施設などで飼養されている約6万頭の豚やイノシシを対象に実施する。24日からおおむね2週間程度で接種する予定だという。県は養豚関係団体などと連携してワクチン接種の実施許可を国に要望していた。黒岩祐治知事は「県内養豚業を全力で守っていく」とコメントした。

CSFは豚やイノシシの病気で、ワクチンを接種した豚肉を食べても人に感染したり健康に害を及ぼしたりすることはない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]