大商、健康・医療で100社連合 万博後の成長に布石

2019/12/20 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪商工会議所は2020年2月にも、健康・医療(ウエルネス)分野に関連する約100社の参加を見込むコンソーシアムを立ち上げる。大企業やスタートアップなど幅広い規模と業種が自社の技術やノウハウを持ち寄り新規ビジネスを創出する。25年国際博覧会(大阪・関西万博)の会場となる夢洲(ゆめしま)などで実用化を目指す。万博終了後を見据え、関西の持続成長に向けた布石を打つ。

20年2月をメドに「未来社会ウエル…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]