堺市、東京事務所長を庁内から公募 飛び級の可能性も

2019/12/20 18:29
保存
共有
印刷
その他

堺市は20日、23日から大阪府・大阪市と一体運営する東京事務所の所長(部長級)を、庁内から公募すると発表した。非管理職である課長補佐級職員の一部も応募でき、選ばれれば2005年度以来の飛び級となる。永藤英機市長は大阪府・市との連携強化を公約に掲げており、東京事務所を共用とすることでシティプロモーションを強化したい考えだ。

応募できるのは来年3月末時点で管理職の部長級、課長級と、在職3年以上の課長…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]