/

この記事は会員限定です

多様化の時代、単一試験の存在意義は

漂流 大学入試改革(下)

[有料会員限定]

「バカになれ」――。大手進学塾、Z会進学教室の橋野篤指導室長は例年、大学入試センター試験が近づくと生徒たちに受験の心得を説く。

センターのマークシート方式では設問に沿った迅速な解答が要求される。出題の意図など考えていたら遅れてしまう。一方、難関国立大学の2次試験(個別試験)は考えさせて書かせる問題が多い。出題者の狙いを読み込み熟慮しないと解答できない。「センターが終われば、素早く2次にアタマを切り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン