英中銀次期総裁にベイリー氏 20年3月就任

英EU離脱
金融最前線
2019/12/20 18:10
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=篠崎健太】英政府は20日、英イングランド銀行(中央銀行)の次期総裁に、元副総裁で金融行為監督機構(FCA)長官のアンドリュー・ベイリー氏(60)を選んだと発表した。2020年3月16日に就任し、カーニー総裁(54)から金融政策のかじ取りを引き継ぐ。1月末に見込まれる英国の欧州連合(EU)離脱直後のトップ交代となり、離脱対応が最大の課題となる。

次期総裁の任期は8年間で、政府の助言に基…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]