東京都、外国人の住宅トラブル防止へ 指針を多言語化

東京
関東
社会・くらし
2019/12/20 17:49
保存
共有
印刷
その他

東京都は外国人が住む賃貸住宅でのトラブルを防ぐために定めたガイドラインを多言語化し、都のホームページに掲載した。外国人に分かりやすいようにイラストを多用し、賃貸契約の慣習や日本特有のルールについて解説している。増加する在住外国人が安心して都内に住める環境づくりにつなげる。

ガイドラインでは、退去の時の原状回復やゴミ出し、騒音といったマナーなどについて説明。都内に住む外国人から寄せられた相談事例も掲載し、トラブルを防ぐためのポイントを解説している。

ガイドラインの詳細は英語版を用意し、概要版は英語のほか中国語と韓国語でも作成した。都のホームページからダウンロードできるほか、2020年1月以降は区市町村の住民登録窓口などでも配布する予定。小池百合子知事は20日の記者会見で「外国人の円滑な入居や多文化共生につなげたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]