/

紅白歌合戦曲目発表、ビートたけしさんが歌手で初出場

NHKは20日、大みそかに放送する第70回紅白歌合戦の出場歌手の曲目を発表した。初出場の4人組バンド、Official髭男dismはヒット曲「Pretender」を歌う。特別企画でタレントのビートたけしさんが歌手として初出場し、「浅草キッド」を歌うことも決まった。

ビートたけしさん=共同

主演したドラマ「3年A組 今から皆さんは、人質です」(日本テレビ系)が話題となった俳優の菅田将暉さんは「まちがいさがし」、RADWIMPSは興行収入140億円を超えた映画「天気の子」の楽曲をスペシャル版で披露する。

島津亜矢さんは「糸」、五木ひろしさんは「VIVA・LA・VIDA! 生きてるっていいね!」を歌い上げる。初出場組ではKing Gnuが「白日」、日向坂46は「キュン」、LiSAさんが「紅蓮華」。

NHKによると、たけしさんは2000年に初出場した氷川きよしさんの「名付け親」として応援で出演。翌年も同じ役回りで登場した。今回は紅組白組の枠を超えて歌う。「浅草キッド」はたけしさんの作詞作曲で、自身の下積み時代の思い出を歌った曲。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン