北海道の百貨店は反動減長引く、11月は4店舗でマイナス

2019/12/20 18:00
保存
共有
印刷
その他

北海道の百貨店の11月の売上高は前年同月比5.8%減の139億1600万円だった。消費増税前の駆け込み需要の反動減が尾を引き、衣料品などが低調。5店舗中4店舗がマイナスだった。

札幌丸井三越(札幌市)は7.3%減。宝飾品など高級品が復調した一方、化粧品や冬物衣料品が低迷。訪日客の勢いも鈍化している。大丸札幌店(同)は5.3%減。化粧品など消耗品が苦戦した。

東急百貨店札幌店(同)も…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]