抗生物質が効かない 耐性菌の被害拡大、対策急務に

コラム(テクノロジー)
2019/12/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

感染症治療の有力手段である抗生物質が効きにくい「薬剤耐性菌」の増加が、世界で深刻な問題になっている。医療や畜産などの現場で頻繁に使われ、攻撃をかいくぐろうと病原菌が変化しているためだ。耐性菌によって亡くなる人は多く、国連が対策に乗り出した。消費者も抗生物質の正しい使い方を理解しておく必要がある。

薬剤耐性菌の感染により国内で年間約8000人が死亡している――。国立国際医療研究センターがこのほどま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]