EU離脱で揺れる英国、間隙に流れ込む中国マネー

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/12/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英国で中国企業の存在感が増している。鉄鋼メーカーの敬業集団が英鉄鋼2位の買収で合意したほか、破産した老舗旅行会社トーマス・クックのブランド名も中国企業が取得した。欧州連合(EU)離脱を巡り混乱を続ける英国は製造業を中心に不振が目立ち、その間隙を縫って中国マネーが押し寄せている。通信や小売りも含めた幅広い分野で英国に浸透しつつある。

「4千人の従業員の職が守られる」。破綻した旧国営のブリティッシュ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]