/

この記事は会員限定です

リアル店舗はデータを売れ 蔦屋家電、行動分析に商機

[有料会員限定]

家電などを陳列するものの、実際にはモノではなくデータを売る店舗ビジネスが増えてきた。「消費者の行動情報を分析する場所」と売り場を位置付け、集めたデータを出展料と引き換えにメーカーにわたす。メーカーは商品がどう手に取られたかといった情報を商品開発に生かし、ネットなどで売る仕組みだ。担い手はカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)や新興企業ら。データと実店舗の融合が新たな商機を生んでいる。

ペット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン