厚み増す関西電池産業 2019年を振り返る

2019/12/31 2:00
保存
共有
印刷
その他

旭化成の吉野彰名誉フェローがリチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞を受賞しました。関西にはパナソニックやジーエス・ユアサコーポレーションといった電池関連企業が集積し、技術開発やM&A(合併・買収)に取り組んでいます。2019年の関西企業の主な動きをまとめました。

エネコートテクノロジーズの太陽電池

エネコートテクノロジーズの太陽電池

ニチコンのEV向けフィルムコンデンサー

ニチコンのEV向けフィルムコンデンサー

ウエアラブル向け新型太陽電池 京大発スタートアップ
トヨタとパナソニック、EV電池を共同生産 20年に新会社
日立造船、全固体電池を量産化 新エネ分野で「第三の創業」
岩谷産業、米で水素ステーション参入 日本勢初
GSユアサ、HV用電池の新生産棟 EVも重視のパナと一線
ニチコン、EV基幹部品を中国生産

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]