/

日イラン首脳会談 首相、核合意逸脱に「深刻な懸念」

(更新)
イランのロウハニ大統領(左)を出迎える安倍首相(20日、首相官邸)

安倍晋三首相は20日、首相官邸でイランのロウハニ大統領と会談した。日本の船舶が安全に航行できるように中東に自衛隊を派遣する方針を説明し、ロウハニ師は理解を示した。首相はイランが米欧などとの核合意の履行を段階的に逸脱していることに「深刻な懸念」を伝え、国際原子力機関(IAEA)と協力する重要性を訴えた。

ロウハニ師の来日はイラン側が打診した。イラン大統領の来日は2000年のハタミ大統領以来19年ぶり2回目となる。両首脳は会談後の夕食会を含め、約3時間意見交換した。

首相は会談冒頭で「中東地域の緊張の高まりを強く懸念する。緊張緩和のためにできる限りの役割を果たしたい」と述べた。「核合意の完全な履行が大事だ」と伝えた。

ロウハニ師は核合意から離脱した米国について「強く非難する」と強調した。「日本を含めて各国が維持に動くことを強く期待する。中東地域の平和と安定が大事だ」と語った。

首相はホルムズ海峡近くでのタンカー破壊事件などを踏まえ、沿岸国として船舶の安全な航行への責任を果たすよう働きかけた。中東に派遣する海上自衛隊の護衛艦などの規模を説明し、情報収集を強化する目的だと主張した。イランが対立する米国の提唱する有志国による「海洋安全保障イニシアチブ」には参加せず、日本独自の取り組みだと指摘した。

日本側の説明によると、ロウハニ師は「自らのイニシアチブによって航行の安全確保に貢献する日本の意図を理解する」と表明した。「日本が透明性を持ってイランに説明していることを評価する。引き続き日本と緊密に連携したい」とも発言した。

核合意を巡っては、18年にトランプ米政権が離脱し制裁を復活させた。イランは制裁回避の方策が得られなければ60日ごとに義務を停止する方針を示し、段階的に実行してきた。ロウハニ師は20日の会談で、核合意の重要性に言及した上でイランの立場を説明した。

安倍首相はロウハニ師との会談を13年以降、毎年開いている。6月には日本の現職首相として41年ぶりにイランを訪問した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン