/

この記事は会員限定です

ビーガンが問う日本のルール作り

[有料会員限定]

グローバル化の進展はルールを共通にすることを促す。食の分野もその点は同じ。どうやって国際ルールを取り入れ、ルール作りに関与するか。政治の指導力が問われる課題だ。

福島県の内堀雅雄知事が11月19日、県立福島明成高校の果樹園を訪れた。校長が見守る中、生徒が「リンゴを収穫してみますか」と話すと、内堀氏は「これがいいかな」と応じ、3つのリンゴを収穫した。

この日の訪問は、作物を安全に作るためのルールのG...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1203文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン