/

この記事は会員限定です

技術革新支援と再分配カギ Neo economy識者に聞く(下)

OECDのクリスクオロ氏、APECのサンアンドレ氏 井上智洋駒沢大准教授

[有料会員限定]

キアラ・クリスクオロ経済協力開発機構(OECD)エコノミスト

――世界の生産性はどのように推移していますか。

「経済協力開発機構(OECD)の加盟国全体でみると、生産性の伸びは概して明らかに減速している。国によって異なるが、生産性の減速はこの15年ほど起きている現象だ」

「とりわけ米国では1990年代の初めまでIT革命が起爆剤となり、関連の製造業もけん引して伸びが力強く加速していた。それが2000年代初めから(技術革新などを反映する)全要素生産性の悪化により...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2369文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン