女性活躍もう打つ手なし? 日本の指数、過去最低に

社会・くらし
2019/12/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界経済フォーラム(WEF)が12月17日に世界各国の男女平等度を示すジェンダー・ギャップ指数を発表した。日本は前年順位(110位)からさらに後退し、2006年の指数発表以降、過去最低の121位に落ち込んだ。政府が女性活躍推進の旗を振れどもランキング上昇の気配はない。低迷する構造的な問題とは?

■153カ国中121位 前年からさらに落ち込む

「長年取り組んできたのに残念な結果だ」。経団連は12月18日、東京都内でダイバーシティ推進委員会を開いた。講演に招かれた橋本聖子・女性活躍担当相は、前日に世界経済フォーラム(WEF)が発表したジェンダー・ギャップ指数にこう言及した。

各国の男女平等度を示すランキングで日本は121位(調査対象153カ国)と過去最低に落ち込んだ。2012年12月に政権に返り咲いた安倍晋三首相は「すべての女性が輝く社会」…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]