/

吉本興業に契約透明性を助言 経営アドバイザリー委員会

吉本興業の反社会勢力対策やマネジメント体制に助言する、有識者らによる「経営アドバイザリー委員会」は20日、吉本がタレントとの契約の書面化に乗り出したのを評価し「明確で透明性のある報酬設定が継続されるべきだ」などとする中間取りまとめを公表した。

委員会は所属タレントが反社会勢力の会合に参加した「闇営業」問題を受けて吉本が設置し、8月から会合を重ねた。

闇営業問題に端を発した騒動で岡本昭彦社長のタレントへの高圧的な言動も問題となったが、委員会の座長、川上和久国際医療福祉大教授は「(対応は)全体として危機管理の点からやむを得ず、問題がなかったと報告を受けている」と述べ、ルールの明確化や契約形態の適切な運用で、経営側とタレントとのトラブルは防止できるとの考えを示した。

吉本はコンプライアンス(法令順守)を約束する「所属覚書」を交わすとし、委員会はタレントが反社会勢力と接触するなど違反があった際の処分の明確化を求めた。

他に、タレントが直接取引先とやりとりする際も会社への報告を義務付ける「直営業ルール」を吉本が設けたのも評価。違反した場合のペナルティーが必要だとした。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン