家庭・オフィス用家具の出荷額 町工場多い大阪首位
(データで見る地域)

2019/12/23 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

家庭用やオフィス用家具の国内生産は、人口減少や輸入品の拡大などで横ばい状態が続く。経済産業省の2018年の工業統計調査で、家具・装備品の出荷額は前年比0.4%減の1兆9567億円。都道府県別では大阪府が1818億円で全国首位だった。

大阪府東大阪市には約6000の町工場が集積し、約170の家具・装備品会社がある。同市によると、歴史的に金属加工の技術を持つ業者が多く、スチール家具製造に応用されてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]