地酒輸出で地域を元気に 自治体、酒造会社を支援

2019/12/22 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本酒の国内販売が長期低迷する中、輸出が堅調に伸びている。外国料理に合う酒の開発や飲み方の提案など、メーカー各社は海外市場開拓に知恵を絞る。政府は日本文化を海外に売り込む「クールジャパン戦略」の一環で、日本酒の輸出支援を強化。自治体も地酒の国際化を町おこしに役立てようと、PRに力を入れている。

12月中旬、新潟県長岡市の柏露酒造では純米発泡酒「HANABI」(300ミリリットル)を台湾に輸出する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]