メキシコ中銀、0.25%利下げ 4会合連続

2019/12/20 4:44
保存
共有
印刷
その他

【メキシコシティ=丸山修一】メキシコ銀行(中央銀行)は19日に開いた定例の金融政策決定会合で、政策金利を現状より0.25%引き下げ、7.25%にすることを決めた。利下げは4会合連続だ。経済の停滞で金融緩和の必要性が高まるなか、物価上昇や通貨ペソの動きが安定していることから連続利下げの環境が整っていると判断した。

メキシコの1~9月期の経済成長率は前年同期比横ばいと低迷している。一方、11月の消費…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]