/

この記事は会員限定です

大阪府・市、IR印象悪化に懸念 事前に対応指針強化

秋元議員の事務所捜索

[有料会員限定]

中国企業の日本法人元役員らが現金を不正に持ち込んだとされる外為法違反事件の関連先として、東京地検特捜部が自民党の秋元司衆院議員(48)=東京15区=の事務所などを19日、家宅捜索した。同社はカジノを含む統合型リゾート(IR)事業への参入に意欲的だったとされ、事件を巡りIR誘致を目指す大阪府・市の関係者にはIRへのイメージ悪化を懸念する声が広がった。

「一連の騒動はIR全体に影を落とす可能性があり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン